小児歯科・小児矯正

小児歯科

小児歯科小児歯科では、お子さまのむし歯を防ぐために、歯のメンテナンスや口腔内チェック、歯磨き指導などを行います。乳歯は永久歯に生え変わりますが、乳歯がむし歯になると後から生えてくる永久歯がむし歯になる可能性が高まります。

また、乳歯には永久歯が適切な位置に生えてくるように導く役割もあるので、むし歯で早期に乳歯を失うと、顎の成長や歯並びにも悪影響が及ぶのです。お子さまの将来的なお口の健康を守りたい親御さまは、まずはお気軽にご相談ください。

子どものむし歯の原因

歯磨きがうまくできない

歯磨きで歯垢を徹底的に落とせば、むし歯を予防できます。しかし、子どもは歯磨きの技術が未熟なため、どうしても磨き残してしまいます。そのため、仕上げ磨きや歯磨き指導などで可能な限り口腔内を清潔に保つことが大切です。

むし歯になりやすい

乳歯は永久歯と比べてエナメル質や象牙質が薄いので、むし歯の浸食が永久歯よりも早いという特徴があります。

甘いおやつをダラダラ食べる

チョコレートや飴などの甘いお菓子は、むし歯の栄養源になります。また、時間を決めずにダラダラ食べると、口の中に糖質が存在する時間が長くなり、それだけ虫歯菌が多くの酸を出します。

キッズスペース・無料託児が可能

当院では、お子さまが楽しく過ごして歯科医院に対する警戒心を解けるように、キッズスペースをご用意しております。また、提携の保育施設もあるので、「子どもがいるから通院できない」とお悩みの方もお気軽にご相談ください。
託児は予約制となっていますので、まずはお問合せをお願いいたします。

小児歯科メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布フッ素には、歯質を強化したり虫歯が出す酸の生成を抑えたりする働きがあります。定期的にフッ素塗布を行うことで、むし歯のリスクが低い状態を維持できます。

シーラント

シーラント永久歯に生え変わったばかりの頃はむし歯になりやすいため、より一層の注意が必要です。また、奥歯の溝には歯ブラシが届きにくく、むし歯リスクが高い部位と言えます。当院では、奥歯の溝をプラスチックで埋めてむし歯を防ぐ「シーラント」を行っております。使用するプラスチックにはフッ素が含まれているので、歯質の強化も可能です。

シーラントの効果は永久ではありませんので、定期的に再治療を受けていただく必要があります。

マタニティ歯科

妊娠中は、つわりの影響で歯磨きができなかったり、食生活が乱れがちであったりと、むし歯や歯周病のリスクが高くなりやすい時期です。生まれてくる赤ちゃんのお口の中には虫歯菌が存在しませんが、母親とのスキンシップでうつってしまう恐れがあります。

そのため、妊娠中もむし歯や歯周病を防ぎ、清潔な口腔内を保つことが大切です。当院では、妊娠中であることを考慮しつつ、適切な治療や予防のメンテナンスを行っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

小児矯正

小児矯正は、矯正装置を用いて顎のバランスを整えたり、永久歯がきれいに並ぶためのスペースを確保したりする治療です。近年、お子さまの顎は歯に対して小さい傾向があるため、骨や筋肉などの土台をしっかり作ることが重要です。子どもの頃に矯正治療を受けることで、大人になってからの矯正治療が不要になったり、非抜歯で行えるようになったりします。

また、思春期になる前に歯並びを整えられることで、お子さまの健全な精神発達をサポートする効果も期待できます。さらに、食事に支障をきたさなくなることで栄養面が充実し、健全な発育へと繋がるでしょう。

お子さまの場合、顎の成長をコントロールすることで少ない負担で歯並びを整えられるので、ぜひ一度ご相談ください。

小児矯正の治療時期は個々で異なるので、まずは乳歯が生え始めた頃にお越しいただければベストな開始時期をお伝えいたします。なお、当院が導入しているインビザライン・ファーストは、乳歯と永久歯が混在している時期に行います。

プレオルソ

プレオルソは、10~12歳のお子さまに使用する矯正装置です。
歯を動かすと共に口周りの筋肉のバランスを整えることで、効率的に歯並びを整えます。
自宅にいるときにだけ装着できるので、矯正装置の見た目が気になる心配もありません。

拡大床

拡大床とは、上顎に装着して装置の中心にあるネジを少しずつ調整することで、上顎を広げて永久歯がきれいに並ぶために必要なスペースを確保する治療法です。
永久歯へと生え変わる時期から成長が止まるまでの間に使用することが理想とされています。

ムーシールド

ムーシールドは、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている「受け口」を改善する矯正装置です。
就寝中に装着することで、舌や口の周りの筋肉を整えて受け口の改善を促します。
さらに、永久歯の正しい成長も促せるなど、健全な口腔内へと整えるのに役立ちます。

受け口を放置すると下顎が過剰に発達して顔貌に支障を来す恐れがあるため、早期に治療を検討することが大切です。

小児歯科の費用

小児歯科の費用は保険適用となります。(※小児矯正の費用はこちら)

一番上に戻る
092-409-8241092-409-8241 24時間WEB予約24時間WEB予約